エコリスタッフのブログ

経皮毒??

2008 年 1 月 27 日

皆さんこんにちわ、エコリスタッフのあきです。

エコリのセミナー室で『経皮毒について勉強会』を行いました。
講師は小田さん。
日頃なにげなく使っているクリームや化粧品・パーマや毛染めetc.                               
    
    私達の体に皮膚からも「毒」が入り込むのです。

知らないうちに溜る毒
小田さんのお話は「映画『不都合な事実』をご覧になりましたか?」との問いから始まりました。「地球のために貴方が出来る最初の一歩は、この真実を知ることだ」とのアル・ゴア米副大統領の言葉を引用し、「知らずに体に入ってくる経皮毒の恐ろしさを大切な家族、仲間に伝えて欲しい」と強調されました。

経皮毒は、日用品に含まれる化学物質が皮膚から侵入し、体の中で有害な作用を引起します。

有害化学物質は皮膚のバリアを溶かし直接侵入し、皮下組織・脂肪に蓄積され、血管・リンパを通して体中をめぐるのです。
毎日使うシャンプー、洗剤、歯磨きなどの成分中に含まれ、知らないうちに体に溜ります。

まずは、怖さを知る
腕の内側から入る有害化学物質を1とすると、頭皮は3.5倍も吸収するといわれます。
口から入る有害化学物質は肝臓で90%分解されますが、経皮毒は10日間経っても分解されるのは10%未満です。
そうやって体に溜まった「毒」は体を蝕んでいくのです。とくに、女性は乳房や子宮に溜まる確立が高く、生まれてくる赤ちゃんは、安全なはずの母体のなかで、すでに化学物質にまみれているのです。その結果、アトピー性皮膚炎や喘息などの、疾患をかかえた子供が増えています。
知らず知らずに、子供へ、孫へと
又、乳がんが増えているのも経皮毒によるものかも知れません。

毛染めの危険性
強力な界面活性剤を成分に含む毛染め液は、わずか一滴で1000億倍(プール一杯分)の水を環境ホルモンでで汚染します。
そのため、生態系が破壊され、極端に雄が減り、雌化が進んでいます。

 
 

 


今変えていこう
私たち主婦に出来ることがあります。
みんなで伝え合うことです。恐ろしい現実から健康を守る方法があります。それは、生活を変えること。そして、真実を知ることです。

以上が小田さんを講師に勉強した概略です。
エコリでは、ときどきこの様な勉強会を行っています。
日用品に含まれる有害物質はメーカーの説明書を見ても素人では内容が分りませんね。安心して使える天然成分と書いてあっても有害な物も有ります。
皆さん、機会が有ったら一緒に勉強会に参加しましょう。

 

小田さんのご紹介
小田さんは、NPO環境ネットワーク幸塾世話人・KCC・EM研究会幹事 等、いろんな環境改善ボランティアに活躍されています。
西ノ宮の海水浄化にも熱心に活動されています。
セミナーでは、とても情熱的でしたが、親しみを感じる、ステキな方でした。
 


トラックバックURL

feed RSSリーダーで購読

« 前の記事:
« 次の記事:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

最新の記事・ニュース

カテゴリー

バックナンバー