エコリスタッフのブログ

癌が消える

2008 年 2 月 4 日

香気浴にこられるお客様で癌が消えた方がいらっしゃいます。
この様な事を書くと怪しまれたり、薬事法に掛かるのではないかと思い書くのを悩みました。でも、事実は事実として伝えて行きたいと思い掲載します。
お客様Sさんは平成16年に乳癌になり、手術抗癌剤投与定期健診という一連の流れで養生されています。

通常この後に、再発というパターンが多いのはなぜでしょう?
それは根本的な治療が出来ていないからですね。悪い所があれば切り捨てる。癌が出来たら手術・化学治療・抗癌剤でたたく。といった現代治療では癌の出来た原因を治すことが出来ません。

Sさんも内因的ストレスを取り除くようにされていたようです。

癌の出来る方は癌の出来る体に成っている為、再発しやすいのです。

 

Sさんもご多分に漏れず、平成194月の検査で胸部に骨転移が見られ、かなりショックだったと思います。Sさんとエコリは深いご縁が有ったと思います。エコリがオープンしたのは平成1949日。骨転移と診断されたのが、同年45日。Sさんは息子さんのアトピーを、酵素活用飲料で治した経験が有り、体の酸化を抑える事の出来る還元空間香気浴「エコリ」のことを、簡単に理解していただけました。その後、週に一回入浴をされました。しばらくすると、少し患部に痛みを感じるようになって来ました。
Sさんは痛みが出ることに不安は有ったと思いますが、続けて入浴されました。
「この痛みは、何かの変化が起きているからですね。一般の方は痛いので即、悪化と捉えてしまいますが、中医学に精通する方は調整反応と捕らえます。全ての変化を調整反応と捉えるのは危険ですが、中医学者などは適正に判断されると思います。」

 

Sさんは入浴回数を週に2回から3回に増やして来店されました。しばらくすると、痛みは知らない間に消えご本人も、「もう大丈夫!癌は消えていると思う。」と、話されていました。が、不安は消えてなかったと思います。ただ、癌は消えると潜在意識に刷り込む姿勢には感銘しました。

 

癌になる原因は大きく分けると、外因的ストレス・内因的ストレスだと言われます。外因的ストレスとは、有害化学物質・微量放射線により起こる、活性酸素の増加による体の酸化。内因的ストレスとは、仕事・家庭などの問題や人間関係による自らの心が引起すストレスにより、体の自律神経(交感神経・副交感神経)の調和が崩れ、体に変調をきたして起こるといわれています。

 

癌を治すには、外的ストレス(毒)を体から落とし、心の持ち方をプラス思考に変えてやると病気は完治します。
 
 

 

外因的ストレスは、還元空間で落とすことが出来ます。Sさんは内因的ストレスを自ら落とそうとしているので、私はSさんの癌は消えると信じていました。

エコリは病院では有りません。そして、私も医者では有りません。ただ、健康な体に戻す術は知っています。全ての人に効果が有るとは言えませんが、多くのお客様がエコリに来て、いろんな良い結果が出ているのは間違い有りません。
Sさんのように体に溜った毒を落とし、心の捉え方を変えると良い結果が生まれます。
話が長くなったのでこの辺でやめますが、ブログに文章として書けるのは当たり障りの無いことしか書けません。ごめんなさい。(エコネット会員さんにはデータをお見せします。)

5ヶ月が過ぎ再検査の日が近づいてきました。Sさんも不安はあるものの、私もSさん同様消えると信じているものが、願いに変わっていました。「大丈夫!大丈夫!消えている。消えている。」

 

余談になりますが、朝の朝礼でスタッフが声を合わせて言う言葉が有ります。
 
 「お客様はもとより、全ての人に最善なことが起こりますように」
これは願いです。その人にとって、最善なことが起こるようにと・・・

Sさんの検査結果を聞きに行く日が来ました。自分の事の様に緊張しましたが、結果当初見られた骨転移は消えていました。
本当に良かった!本当に良かった。スタッフ一同、喜びがつきませんでした。

 

Sさんに、お医者さんはなんと言われましたかと聞くと、予想通り、「何の治療もしていないのに消えるはずが無い。最初の検査の間違いかな?」予想通りの答えに皆大笑い。Sさんの最初の検査時のレントゲン写真と、再検査時のレントゲン写真はSさんの好意でお店に掲示して在ります。

 

 
 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

最新の記事・ニュース

カテゴリー

バックナンバー