エコリスタッフのブログ

癌が消えた人、以前にもいました

2008 年 8 月 20 日

Sさんは平成16年に乳癌になり、手術抗癌剤投与定期健診という一連の流れで養生されています。
Sさんもご多分に漏れず、平成194月の検査で胸部に骨転移が見られました。その後、週に一回入浴することになりました。しばらくすると、少し患部に痛みを感じるようになって来ました。

Sさんは痛みが出ることに不安は有ったと思いますが、続けて入浴されました。
Sさんは入浴回数を週に2回から3回に増やして来店されました。しばらくすると、痛みは知らない間に消えご本人も、「もう大丈夫!癌は消えていると思う。」と、話されていました。が、不安は消えてなかったと思います。ただ、癌は消えると潜在意識に刷り込む姿勢には感銘しました。

癌を治すには、外的ストレス(毒)を体から落とし、心の持ち方をプラス思考に変えてやると完治する。と言われています。Sさんも内因的ストレスを取り除くようにされていたようです。
5ヶ月が過ぎ再検査の日が近づいてきました。Sさんも不安はあるものの、私もSさん同様消えると信じているものが、願いに変わっていました。「大丈夫!大丈夫!消えている。消えている。」
Sさんの検査結果を聞きに行く日が来ました。自分の事の様に緊張しましたが、結果当初見られた骨転移は消えていました。(☆゚∀゚)

本当に良かった!本当に良かった。スタッフ一同、喜びがつきませんでした。

Sさんに、お医者さんはなんと言われましたかと聞くと、予想通り、「何の治療もしていないのに消えるはずが無い。最初の検査の間違いかな?」予想通りの答えに皆大笑い。Sさんの最初の検査時のレントゲン写真と、再検査時のレントゲン写真はSさんの好意でお店に掲示して在ります。
            (以前ブログに掲載した内容を抜粋しました)

トラックバックURL

feed RSSリーダーで購読

« 前の記事:
« 次の記事:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

最新の記事・ニュース

カテゴリー

バックナンバー