エコリスタッフのブログ

生きる力

2017 年 12 月 21 日

先日、杉浦貴之さんが主催する、「がんサバイバーホノルルマラソンツアー2017(http://takamessenger.com/tm/)」に、参加されたエコリのお客様Mさん。Mさんは、現在進行形で闘病中です。そのMさんから、がんサバイバーホノルルマラソンを走って、完走して感じた事をいろいろとお聞きしました。その中でもとても印象的だったのが、「治療は自分が主役であることと理解はしていたし、そう思っていろいろと取り組んできた。けれど、まだまだ頼っていた部分があった。本当の意味で主役にはなれていなかった。例えば、サプリメントひとつとっても、このサプリメントが治してくれると期待していた部分がある。本当は、自分が自分を治すための応援なんだとようやく理解できた。本当の意味で自分で自分の身体を治すことが出来るスイッチが入った。ここから!」と、瞳を輝かして力強く話してくださったMさん。そんなMさんを見ていて、生命力の強さというか何というか、言葉では言い表せないものを感じて、とても感動しました。ありがとう、Mさん。

エコリも現在闘病中の応援団のひとつとして頑張っていきたいと思っています。

(※Mさんの了承を得てUPしています。)

 

トラックバックURL

feed RSSリーダーで購読

« 前の記事:
« 次の記事:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

最新の記事・ニュース

カテゴリー

バックナンバー